10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

タイ旅行記2015:スコータイ歴史公園その1

2016.04.28 (Thu)

ホテルから自転車で10分強でスコータイ歴史公園に着きました。
00スコタイ歴公園  スコターイ歴史公園

さて、バンコクから440キロ離れたタイ北部にあるスコータイは「幸福な夜明け」を意味し、その名の通り13世紀にタイ民族によって初めて王朝が築かれた場所。3代王ラームカムヘーンの時代には全盛を誇り、周辺国、セイロン、ビルマ、クメールの洋式を取り入れ仏教文化が花開き今あるタイの文化や文学を築いたとタイ政府観光庁の説明にあります。15世紀にアユタヤ王朝に吸収され荒廃しジャングル化してしまいましたが、ユネスコの支援による修復が進み、1991年に世界遺産に登録され、現在では多くの国から観光客が訪れる人気スポットです。
01スコタイ歴史公園  ユネスコ遺産のマーク

そのスコターイ歴史公園のメインゲートで城壁内見学のチケット100バーツと自転車の持ち込み代10バーツを払い入場。
02スコタイ歴史公園  自転車を止めて、メインゲートのチケット売り場へ

堀に囲まれた城壁内の遺跡を中心に、いくつかの地区が点在し、200以上の遺跡のあるエリア全体がスコータイ歴史公園。入場料が必要な地区とそうでない地区があるようで、入場の際に係りの人の園内マップに入場料が必要な場所と必要でない場所を書き込んでくれました。とはいってもあまりにおおざっぱだったので、結局違う所に行く度、チケットを買う必要があるかは聞いたんだけど(笑)

個人的な見解ですが、スコータイ公園内すべての地区がセット料金になっていないのは、好きな所だけを見ればよいので無駄がないと思う。その上、インドやカンボジアのように外国人に対してだけ世界遺産で法外と言えそうな入場料をふっかけていないのは良心的な気がします。これって・・・タイが他の国に大きく侵略されたことがないから、外国人に何かを負わせようって気がないからかなぁなーんて思ってしまいました。あ、ほんとに個人的見解です。

公園に入ったら右にも左にも遺跡。公園内は自転車でも自家用車でも移動しやすいように道路がきれいに整備されてます。園内専用のバスも走っているので、好きな方法で自分のペースでの見学ができます。
03スコタイ歴史公園  公園に入るとすぐ遺跡が目に入ります

04スコタイ歴史公園  05スコタイ歴史公園
車も自転車もスイスイ走れるきれいな道路   園内を走るバス

◆ラームカムヘーン像
最初に見たのはスコータイ王朝で最盛期を誇った頃の第3代王ラームカムヘーンの像。なかなか男前ですな、なんて思っている不届き者の私の横で、信心深い方達は花を供え、きちんと正座し手を合わせていました。
07スコタイ歴史公園  第3代王ラームカムヘーン

08スコタイ歴史公園  09スコタイ歴史公園

10スコタイ歴史公園  11スコタイ歴史公園

園内にある鐘を見て、ここで鐘をついたら煩悩を飛ばせるかな~と思ったりします。
13スコタイ歴史公園  12スコタイ歴史公園  

園内の茂っている沢山の緑を見ると、やはりジャングルを思わせる・・・。
14スコタイ歴史公園  15スコタイ歴史公園

◆ワット・サ・シー
19スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  ワット・サ・シーの仏塔の座仏

ワット・サ・シーはセイロン式の仏塔。城内の真ん中にある池の中に浮かぶ小島にあるので、右も左も水場。水の色はアジアでは典型的などろどろできれいではない緑だけど、花が浮かぶとちょっと違って良い感じ。
16スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  17スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  
ワット・サ・シーの入り口                橋を渡って小島へ
18スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  25スコタイ歴史公園ワット・サ・シー
アジア風、風情のある池                池の配置もバランスが良いです

座仏はやはり大きいのですが、立像は人間が並ぶとだいたい同じぐらいなのが分かります。座仏はどこか律した感じがするので変なことはいえませんが、立像は色と雰囲気がなんだが艶めかしい。色気で負けた・・・・・ってあーー罰当たりでごめんなさい。
20スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  21スコタイ歴史公園ワット・サ・シー
座仏                            なんとなく艶めかしい立像

人はそれなりいるのですが、敷地自体が大きいので、ゆったりと見学ができます。このワット・シー・シーを見学中、バンコクで同じホテルに泊まっていたウッディ・アレンみたいな人を発見しました、あら、私と同じ行程だったとは偶然。
23スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  24スコタイ歴史公園ワット・サ・シー
ワット・サ・シーの仏塔                  これは何?
22スコタイ歴史公園ワット・サ・シー  26スコタイ歴史公園ワット・サ・シー
広くてのんびり感がある園内             遺跡ごとに駐輪スペースがあります 

ワット・サ・シー見学終了。さて次はどれを見たものか・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

15:15  |  海外ふらふら:アジア
 | HOME |