10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ケルン・ドイツ旅行記2017:ケルン大聖堂

2017.06.10 (Sat)

ケルンメッセからトラムに乗りライン川にかかった橋を渡り、ケルン中心部へ。
IMG_2939ケルン市内  トラムから見たケルン大聖堂とライン川

乗り換えが面倒なので、少々歩いてもいいや、という気持ちで大聖堂に近そうな駅で適当に降り、繁華街らしき通りを俳諧。ちょっと来すぎちゃったらしいけど、時折建物の間から見える聖堂の突端を見ると遠くはなさそう。西洋の街は教会を中心に形成されているので、塔を目指して進めば街中に出るので迷いにくいです。
IMG_6451.jpg  建物の間から見える聖堂の突端

さてケルンはライン河畔に広がるドイツ第4の都市で人口は約106万人。東と西で言うと、元西ドイツ側の都市。
IMG_6435ケルン・ドイツ2017  ドイツ語で「ケルン市」と書いてある

誰でも知っている香水、オーデコロンは「ケルンの水」と言われこの地が発祥。1709年に世界最初の香水を開発したのはイタリア人のヨハン・マリア・ファリナですが、この地の水を利用し作られたということでケルンへの敬意を込めて「Eau de cologn」(オーデコロン→ケルンの水)と名付けられました。市内にある香水博物館やファリナハウスは観光地の一つになっており、オリジナルオーデコロン4711はケルンの必須土産。私は買ってませんけど。

ショーウインドーを見ながらふらふらしていると、目の前が開けて、目の前にはケルン大聖堂が。
IMG_6448ケルン・ドイツ2017  IMG_6450ケルン・ドイツ2017
マフラーを巻いた牛君                 モグラのクルテクの友達??
IMG_6449ケルン・ドイツ2017  ドイツ&フランスのホッケージャージ@メガネ屋さん               

ケルン大聖堂はゴシック様式の大聖堂。正式名称はザンクト・ピーター・ウント・マリア大聖堂。初代が完成した4世紀以降、火災による消失、宗教改革時の工事途絶などがあり、建設の再開は19世紀。第二次世界大戦で英米軍の空襲を受けたものの全体が崩れなかったため、何度かの復旧工事によって、復元され、現在も復旧工事が続けられているこの建物はユネスコの世界遺産に登録されています。(2004年に危機遺産に指定されたが、2006年に解除)
IMG_6465ケルン・ドイツ2017  ケルン大聖堂 

第二次世界大戦では英国空軍の爆撃を受け、ドイツ国内初めての戦場になったケルン。戦争末期にはケルン市内にたてこもり抵抗を続けるドイツ軍とアメリカの市街戦があり、町は徹底的に破壊された、人口は減り、建物は崩壊し焼け野原に。季節魅力的的に破壊されることがなかったケルン大聖堂は市民に希望を与える建物になったようです。

以前見たNHKのドキュメンタリーで、ドイツが分断されていた頃に文通をしていた西と東の若い男女がとりあげられていました。東側に住んでいた女性が「ケルン大聖堂は特別なところ。文通相手と会えるなら、いつかケルン大聖堂で会いたい」みたいなことを言っており、同じ国が分断されたせつなさが感じられ、そこまで思うってどれだけ象徴的なんだろうという思いもあり、私もぜひ行ってみたいという気持ちが強かったのがケルン大聖堂です。
IMG_6452ケルン・ドイツ2017+  IMG_6452ケルン・ドイツ2017  

IMG_6454ケルン・ドイツ2017  IMG_6453ケルン・ドイツ2017    

157メートルもある聖堂は写真に撮るには難儀します。ある程度離れないと全体は写りません。でもね、写真に撮ろうという気持ちがもう観光地・・・なんですよね。まわりの人ゴミだけを見ると、象徴というより、観光シンボルだよな~という感じ。とはいっても、ファサードに並ぶ聖人達の彫刻の下をくぐると、さすがに厳粛な気分になります。
IMG_6456ケルン・ドイツ2017+  IMG_6457ケルン・ドイツ2017

IMG_6456ケルン・ドイツ2017  IMG_6455ドイツケルン01

聖堂内は荘厳ではあるけれど、重厚な見た目の外観と違い柱や床が薄い色なので、重苦しくない雰囲気でした。前から書いているのですが、観光地とはいえ、多くの教徒にとって祈りの場であることを考えると、なんとなーく悪いような気がして、昔ほど聖堂内の写真をバシバシ撮ることが撮れなくなったため、、聖堂内の写真は数枚しか撮っていません。ステンドグラスや光の入り込む感じは目に焼き付ければいいのかな・・・と。
IMG_6460ケルン・ドイツ2017  IMG_6460ケルン・ドイツ2017+

教会の高い天井を見る度に祈る教徒たちはどこに神様がいると思って祈っていたのかな?と考えてしまいます。天井よりももっともっと高いところにいるのか、それとも身近にいるのか、と。神を信じない私には分かりませんけどね。
IMG_6460ケルン・ドイツ2017++


特に塔に上ることはせず、聖堂を出ました。ケルンに行くと決めた時に絶対に行くと決めていたケルン大聖堂何よりも先に来たので満足です。もう帰ってもいいけど・・・・ホッケー見ないで帰る訳に行かない。

さ~て、次はどこに行こうかしら?

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

13:38  |  海外ふらふら:西ヨーロッパ
 | HOME |