10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ケルン・ドイツ旅行記2017:Playground by Cascada

2017.06.15 (Thu)

先月行ったドイツのアイスホッケーの世界選手権。会場内で気が付くと流れてた、あまりにも流れているのが当たり前すぎて気にとめてなかったけど、男子のアイスホッケーの世界選手権2017のオフィシャルテーマソングだったらしい。


北米とヨーロッパ、ホッケー会場で流れる音楽が違うんだよね~。ヨーロッパはバリバリのダンスミュージック、ビートのきいたユーロ音楽が主流。北米で流れるようなヘヴィメタルやハードロックはほぼかからない。ヒップポップもどきはかからないことは・・・ないかな?という感じ。ただこれはその国のローカルのリーグで流れる曲と世界選手権みたいなところで流れる曲に差はあると思いますけど。

数週間後にテニスの全仏オープンを見ていたら、ローラン・ギャロスでかかっていた曲もアイスホッケー会場で聞きなれたヨーロッパ調が多くて、ああヨーロッパって思ったもんだ。

なので、ヨーロッパ開催の世界選手権、今回のテーマソングはユーロダンスグループ、カスケーダの「Playground」。
IMG_8133.jpg  ナタリー・ホーラーはケルンのお隣ボン出身

ビートは普段より若干おさえめなような気がするので、必要以上にビート、ビートはしてないから、とっつきやすい。それでいてのりはいいから耳に残る。ナタリー・ホーラーが座っているのが会場であるランクセスアリーナなのは明白だと思うのだけど、子供たち二人が座っている階段がランクセスアリーナ前っていうのが可愛いです。

野外会場で歌っているバージョンもあったけど、そっちは明らかに口パク?

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

11:05  |  Ice Hockey
 | HOME |