10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ケルン・ドイツ旅行記2017:宿

2017.07.06 (Thu)

今回、宿はAir bnbを利用してみました。

希望は出来るだけ街中に近いケルン市内、女性オーナー、Wi-Fi無料、専用バスルームス付きの部屋で一泊の上限は50ユーロ。
00IMG_6724ケルン・ドイツ2017

旅程が迫っていたためか、値段設定が低いからか専用バスムーム付きの部屋は少なく、妥協して、シャワーやバスルームは共有でもトイレだけは専用の部屋を探しました。3、4ヶ所に絞り、地図で場所を確認して決めたのが今回の宿。ポルトガル人のBFと暮らす若いドイツ人女性がオーナーの部屋でエリアはEhrenfeldというところ。宿代は一泊43ユーロ(ユーロが125円前後なので5500円弱)。

泊まったホテルの最寄りケルンメッセ駅からだと3番、4番のトラムで乗り換えなし、ということで4番のトラムに乗り、トラムの中でもらった携帯電車マップをチェックしたところ、K-Ehrenfeld なる駅はあるけれど、トラムではない様子。その駅と重なっているっぽいトラム駅があったのでVenloer Str。/Gurtelという駅で降りてみた。どこから出たら宿に行けるのか分からずうろうろして、地上に出てから道行く人に住所を見せると、「トラムで一駅」と言われ今度は13番に乗り、一つ目のSubbelrather Str./Gurtelで下車。トラムから通りの名前が見えたので、宿となるべき場所はぼんやり分かったので、あとは宿主さんの友達の家を探すだけ。

実は私が到着する金曜日に宿主&BFは旅行に出かけ日曜日まで守のため、彼らのお友達が部屋に入れてくれることになっていたのです。

トラムの駅で迷ったので、若干、約束の時間を過ぎてしまったのに、二軒隣のオーストリア人のお友達は快く迎えくれ、スーツケースを部屋まで運んでくれました。 2階といっても、ヨーロッパでは3階だから(ヨーロッパではグラウンドフロアが日本で言う1階で、日本の1階はヨーロッパでは2階)長いらせん階段を自分で運ばずに済んだのはありがたい。

彼はアパート内を案内してくれ、乗る度に1回券を買うのはもったいないから、1週間パスのほうが得だと詳しいパスの内容と買う場所を教えてくれました。宿主の2人は旅行中だし、何か困ったことがあったら電話して、と彼の電話番号と、自分が電話に出なかった時のために彼の友達カップル2人の電話番号まで教えてくれた。(えっとあの~私とその方たちと何の縁もないし、それってば個人情報じぇね?って心のすみで突っ込んでた私)

それにしても、宿主も案内してくれた友達も、どれだけ警戒心がないんでしょうか?まあ、良い人に当たって良かったけどさ。

私の部屋は7~8帖程の部屋。ダブルベッド。ベッドの上には用意されたタオル3枚。イス、クローゼット、机と壁についた小さな棚。分かりやすいところにWi-Fiのパスワードが書かれていて、Wi-Fiはすぐつながりました。盾に長めの部屋でベッドとクローゼットの間にはスーツケースが楽々開けるスペースがありました。大きな窓の真下は道路と線路が並び、時々トラムが通ってたけど、音はほとんど気にならず。
01IMG_6725ケルン・ドイツ2017  03IMG_6728ケルン・ドイツ2017
入口側から見た部屋                  窓側から見た部屋              
07IMG_7048ケルン・ドイツ2017  08IMG_8049ケルン・ドイツ2017
窓辺                            窓の下を通るトラム
03IMG_7060.jpg  05IMG_6726.jpg      
部屋から見た玄関           部屋の壁に貼られた絵葉書   

部屋付きではなかったけど、廊下の突き当りにある私専用のシャワー&トイレ(バスタブなし)にはドライヤー、「忘れた場合に」とメッセージのつけられたシャンプーとコンディショナー。洗面台にはハンドソープが置かれていました。若干狭いシャワールームとはいえ、一人なら問題なし。ドライヤーを使う電源の位置もちょうどよかった。リビングと台所は自由に使用可能。
04IMG_6732ケルン・ドイツ2017  09IMG_7051ケルン・ドイツ2017  
専用のバスルーム           台所の一部

廊下に置かれたディヒューザーが女性らしい。リビングはきっちり整理整頓されていて、きれい好きのドイツ人そのもののイメージのアパートでした。
10IMG_7056.jpg  良い香りのディフューザー

数えたら玄関を除いて、8個くらいドアがあったので、多分3ベッドか4ベッドルームでバスルームが2つか3つあるんじゃないかなと想定。私用に開けたままになった部屋の利用だけでも、十分ゆったりすごせるサイズ感でした。(閉まっているドアを見ていたら「青ひげ」を思い出しました)

1週間パスを買いに行くついでに周辺を散策していたら、地上を走る電車のEhrenfeld駅も来る時に迷ったトラムのVenloer Str。/Gurtel駅も徒歩で5~7分なのが分かった。どちらの駅もアイスホッケー会場であるランクセスアレーナまで乗り換えなし。Sバーン(地上線)Ehrenfeld駅であればケルン中央駅までは2駅だし、中央駅の次がランクセスアレーナの最寄駅だったのでトラムで行くより時間が短く10分程度だったので、結局毎日SバーンのEhrefeld駅を利用してました。(Venloer Str。/Gurtel駅からトラムを利用すると倍くらいの時間がかかる)
11IMG_7713ケルン・ドイツ2017  12IMG_7715ケルン・ドイツ2017
電車の高架線                       Sバーンのマーク
13IMG_7063ケルン・ドイツ2017  SバーンのEhrenfeld駅

Venloer Str。/Gurtel駅前はVenloerという大通りで繁華街になっていて、パン屋、レストラン、洋服屋、雑貨やなど、何でもあり、スーパーに行く必要がなさそう。繁華街があるからといってガラの悪い雰囲気も感じられない。牛乳や水などの必需品を買ってきてきて冷蔵庫に入れたら、誰もいないので、ほんとに自分の家かのように和んでました。
14IMG_6737ケルン・ドイツ2017  大通りから数ブロックの住宅街

15IMG_7426ケルン・ドイツ2017  時計と鍵

私もこの部屋が気に入ったけど、いつも旅と共にする目覚まし時計も窓辺のこの位置が気に入ったと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

10:45  |  海外ふらふら:西ヨーロッパ
 | HOME |