10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ケルン・ドイツ旅行記2017:ヴィルヘルム一世の騎馬像やら、なんやら…

2017.08.15 (Tue)

結構長居していたので、そろそろ移動・・ということとで、来た道を戻り、お土産になりそうな石けんを買い、市の立っていた有料エリアから退場。入場券売り場横のお土産屋さんでお土産を買うつもりでクレジットカードを出した所、カードが通らなかったためそこも退場。最後に遠くに見えた展望台を冷やかして帰ろうということで、大汗をかいて、展望台へ。展望台は一番上の階が天空回廊のようになっており、開放的なので、空中散歩をしている感じて不思議です。2階には屋根があるから雨が降っても景色が楽しめるし、現代的かつ、機能的な造りで良いと思う。スケルトン階段はちょっと怖かったけどね。

82IMG_7222コブレンツ  83IMG_7223コブレンツ  
天空廊下のような展望台               面白い造りの展望台です。                      
84IMG_7225コブレンツ  85IMG_7226コブレンツ
苦手なスケルトン階段                 怖い下り階段

ライン川の景色は要塞の頂上から見た景色とまた違う。やはり水のある景色と坂のある景色同様、絵になるわ。
81IMG_7220コブレンツ  80IMG_7218コブレンツ
ライン川                          ライン川

これでエーレンブライトシュタイン要塞観光は心残りなし、と乗り込んだ帰りのゴンドラが騎馬像が近づいた瞬間に気がついた。あ・・・・カーディガンがない!!!!暑かったので脱いで持って歩いていたのを、どこかに忘れたらしい。お土産を買った石けん屋さん?それとも入場券売り場横の土産屋??いやいや展望台か?全く記憶にない…。カーディガンのためにゴンドラの往復20ユーロを払うのもなんだし、暑いから今の所は必要ないし。このまま帰る手もありか?と思いながらも、来る時の電車の冷房は半端なく効いていて、カーディガンがあってもつらかった。どうしたものか?ゴンドラを降りて売り場のおばちゃんに「要塞にカーディガン置いてきちゃったんだけど」と声をかけたら、一瞬電話でもかけてくれるかな?という気配があったんだけど、「どこに置き忘れたの?」と聞かれ、考えてみたらどこか分からない。「お・・・覚えてない」といったら向こうもどうしようもない感じだったので諦めて再びゴンドラに搭乗。
86IMG_7240コブレンツ  87ケルン・ドイツ2017IMG_7242コブレンツ
ゴンドラから見るドイチュ・エック            ゴンドラから見るヴィルヘルム一世の騎馬像

ゴンドラを降りて、大汗をかいて行った遠くの展望台まで行き、2階に上ったらベンチに置いたままの私のロングカーディガンが放置されてた。さすが治安の良い国だわ、誰も持って行かないのね。それに有料区域の石けんを買ったお土産屋さんに置いてきたんじゃなくて良かった。
88IMG_7243ケルン・ドイツ2017  再びエーレンブライトシュタイン要塞を目指します…

それにしても1日に4回もゴンドラに乗るとは思わなかったよ、やれやれ。ほんとに最後の最後のゴンドラからの景色を堪能したら、コンドラ入場券売り場のおばちゃんに「カーディガン、あった~」と声をかけ、要塞から見ていたヴィルヘルム像を拝みに参ります。沢山の旗がはためくドイチュ・エックとヴィルヘルム一世像はコンドラ乗り場からすぐです。
91IMG_7247コブレンツ  89IMG_3027コブレンツ
最後のゴンドラからのラインの眺め         最後のゴンドラライド
92IMG_7135コブレンツ  沢山の旗がはためいてます  

ドイツの国旗と州旗とドイチュ・エックを見下しながら、雄々しく立ちはだかる騎馬像はヴィルヘルム一世。7代プロイセン王(在位1867-1871年)で初代ドイツ帝国皇帝(在位1871-1888年)。
94IMG_7256ケルン・ドイツ2017  ヴィルヘルム一世

騎馬像の部分までは上れないけど、その下位までは入れるので、中には自撮りをする人が沢山いましたよ。落ちないように気をつけて~とちょっとドキドキ。
93IMG_7255.jpg  95IMG_7263ケルン・ドイツ2017  
騎馬像が見下ろすドイツ国旗と州旗たち      騎馬像の尻尾を撮ってみた

この辺では騎馬像の階段でくつろぐ人、モーゼル河川の階段でくつろぐ人と、さまざまでした。
96IMG_7257ケルン・ドイツ2017  97IMG_7258ケルン・ドイツ2017
モーゼル河畔で思い思いにくつろぐ人たち①   モーゼル河畔で思い思いにくつろぐ人たち

コブレンツからはライン川下りの船が出ています。翌日見る予定の試合は夜だったので、カーディガンを置き忘れたのに気がついた時点で、遅くなったついでにいっそのことリューデスハイムまで行って一泊なんてしちゃおうかしら。そうしたら、つぐみ横丁でワインが心置きなく飲める?なんて考えも頭をよぎりました。が、コンタクトのケースもメガネもない。予備バッテリーはあっても翌日の夜までスマホが持つか分からないし、ということで諦めました。

98IMG_7129ケルン・ドイツ2017あとで  99IMG_7265ケルン・ドイツ2017
普通っぽいライン川下りのクルーズ船         豪華っぽいライン川クルーズ船

Koblenz Stadmitte駅の教会に別れを告げてほんとのほんとにコブレンツ観光は終了、電車が乗りやすいコブレンツ中央駅へ歩いて戻ります。
100IMG_7273ケルン・ドイツ2017  名前が分からない教会

いつかリューデスハイムへのライン下りと、この周辺の温泉巡りができたら良いなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

22:23  |  海外ふらふら:西ヨーロッパ
 | HOME |