10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ケルン・ドイツ旅行記2017:予想外の寄り道

2017.08.16 (Wed)

コブレンツ中央駅に着いたのは19時過ぎ。中央駅なら大きいので、窓口でチケットを買えると思ったら甘かった。既にチケット売り場は閉まっており、現金をほぼ持っていない私にはチケットが買えない、ガーン。ほぼ帰る体制だった案内所の人に、「クレジットカードなら買えると思う」と言われ、心の中で「思うかよ?」と突っ込みながら、カードでの購入をチャレンジ。なぜチャレンジかというと、この日は数か所で私のカードは使えないと言われていて、ここで使えなかったら帰れないじゃん!という不安な気持ちがいっぱいだったからです。案の定、何度か失敗した末になんとかケルン行きのチケットをゲット。これでなんとかケルンまでは帰れそうと胸をなでおろしました。

時間も時間だし、夕飯は電車の中で食べればいいかと、売店で不思議なサンドイッチと飲み物を買い、ケルン行きの電車が出るホームへ行くと、車両があったので乗り込みました。

電車はすぐに出発…出発したんです、でも、あれ?反対方向のような気が……。ああ、やっぱりケルンとは違う方向に進んでる~。同じホームで同じ時間に発車する2本の電車が、お尻を突き合わせて止まっているなんてひどいよー。これじゃ間違えて乗っちゃうよー。私のワタワタした様子に同じ列の窓側に座っていた女性が「あら?」という顔をしたところで乗務員さんが登場。チケットを見せて「間違えちゃったみたい」と言うと、「うん、反対方向に向かっているから、次で降りて」と立ち去って行きました。それを聞いていた同じ列の女性が「あーやっちゃったわねー」と私に笑いかけてました。6、7分で次の駅に到着しましたが、やっちゃいました~という顔で彼女に返しながら降車しました。隣のランス(Rhens)駅で降りたのは私と家族が一組だけでした。

ランス駅、駅舎はあるものの、閉まっていました。無人なのか、もしくは既に閉まっているだけだったのか?降りたホームからケルン行きの電車が出発するホームに移動。時刻表には50分位でケルン行き電車が到着予定とありました。結構時間があるな~と思いつつ、朝乗ったコブレンツまでの電車は1時間位の予定だったのに、2時間近くかかった。思っているほどドイツの電車が時間通りではないことが分かったので、ホームから離れず待つのが無難かなと思い、ホームに居座ることにしました。
00IMG_7281ランス ランス(Rhens)駅

駅の数メートル先はライン川。ホームをはじまで歩いたらライン川の対岸、西の方向に小さくお城が見えました。ヨーロッパに来たのにお城らしいお城を見ていなかった私は、かなーり遠目とはいえ、興奮♪このお城は800年の歴史を誇るマルクスブルグ城。予約のみで受け付ける英語のツアーあり。隣の駅ブラウバッハからであれば行きやすいようです。
01IMG_7274ランス マルクスブルグ城

ライン川の水際まで行ってみるとゴンドラから見たほどにどす黒くはなく水はすんでいましたが、青や碧ではなかったかな。土壌の関係?川の横には見張り塔。
03IMG_7277ランス  02IMG_7275ランス
ライン川の水際                      すんでいるけど意外に青くはない水

04IMG_7280ランス  見張り塔              

基本教会が町の中心にあるから、突端が見えるということは高架線をくぐるときっと町の中心部なのかな。この高架はレンガで西洋的。
05IMG_7276ランス  06IMG_7283ランス
水門ちっくな門                      ホームから見える街中の教会

結局、電車が来るまで駅のホーム近くで1時間近く過ごしましたが、通った電車は特急が1本(この駅には止まらず)、ライン川沿いの遊歩道をランニングする男性一人のみ。鳥のさえずり以外は何も音がなかった。
07IMG_7278ランス  ライン川沿いの遊歩道

夏はなかなか日が暮れないヨーロッパ。この時点で20時を過ぎていて、全く知らない土地でそんな時間にまわりには誰もいない。それなのに不安な気持ちに一切ならない平和な静けさでした。
[広告] VPS


こんな風に平穏な時間を過ごせるなら、電車を間違えるのも悪くないかな。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

22:03  |  海外ふらふら:西ヨーロッパ
 | HOME |