FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

バンクーバー2018:2年ぶり~

2018.05.15 (Tue)

2月に行ったバンクーバーは2年前とほぼ同じ時期でほぼ同じ日程。2月17日から4泊6日。

9月に北京でカナックスのプレシーズンゲームも見たし、シーズン当初はたまにはホームではなくアウエイのカナックス戦を見てもいいかなと思ってました。考えていたアウエイ先はラスベガス。今年からNHLに参入したラスベガス・ゴールンデンナイツが見たかったのですが、チケット売買のシステムがチケットマスターじゃなかったぽいので諦めました。(普段ブローカーも利用してますが、まずチケットマスターで正確な席の位置を確認してからじゃないとチケットを買いたくなかった)

その上、2月と言えばオリンピックの時期。時差もない。近くて行きやすい韓国だし、行くうか悩んだけど、数年前から見て不安だった宿の問題とNHL選手の参加はなし、という事情から、結局行き先はバンクーバーになりました。

仕事を早めに終えて、前日にネイルも済ませました。もちろんカナックス仕様。これまで行っていた所では、特別気に入ったネイリストさんがおらず、行く度にネイリストが違うし、1回くらいカナックスのチームロゴを見たら何度も見直したりせず、その人のイメージだけの施術で終了というパターンだったので、悪くはないけど…すっごい満足というのに至ってませんでした。それならサロンを変えてもいいかなぁと思っていたので、今回は初めて行ったサロンでした。マンションの広い部屋の一室で、じっくりユニフォーム画像を確認しながらの施術で、色も線の太さもロゴの通り。好きな選手の番号を入れるか聞いてくれたので、こっ恥ずかしかったけど入れてもらいました。

出来上がったネイルは色もまさしくカナックスの青!線の入り方もばっちり!そして入れてもらった数字はほんとにユニフォームに入っているような字体の数字。「数字の字体も色々あるし、似ているほうがいいですよね。どういう感じが見せてください」と言われ、提示したユニフォームの数字の通りに入れてくれたので、本気で感動。こういうこだわりで仕事をしている方は素晴らしい!!

このカナックスネイル、大大大満足です。サロンを変えて大正解。これからはここしか行かないと決めました!
01Van初日2018IMG_4075  02Van初日2018IMG_4077

出発当日は、親指に入れた私のMr.マイナス君:Alex Edlerの背番号『23』のアイスホッケージャージを一番上にして、スーツケースを閉じ、平昌オリンピックでの羽生選手のフリー演技を見終えたら出かけます。外でタクシーを待っていたら、1階の部屋から「ねえねえ羽生君、一位だよ!」という声が聞こえました。改めて、Edlerジャージを着てソチでホッケーを見てから4年も経ったんだ、少しばかり感慨にふけってしまいました。
03Van初日2018IMG_4080

空港では免税で必要なものを買ったりして適当に時間をつぶし、離陸。相変わらずご飯がますいな~と思いながら寝たりしているうちにバンクーバー到着。

バンクーバーの空港で送迎バンに乗り、ホテルまで。同乗客は4月から社会人になるという大学4年生の女の子のみでした。学生最後の春休みはホームステイして過ごすと言ってましたが、楽しい時間が過ごせたのかな。

ホテルに着いたのかなり早目で13時前後。バンクーバーアイランドからバンクーバーに来ていた友達に電話をしてホテルで待ち合わせて、すぐに合流。まだチェックインはできないということだったので荷物をホテルに預けてランチに出かけました。

2年ぶりの友達とは近況や旅の話しで花が咲きました。そろそろチェックインできるかな~と一度ホテルに戻ると「まだ」と言われたのですが、友達と二人でいたのがプレッシャーだったのか、すぐに部屋を用意してくれました。

チェックインできたら、あとはホテルでのんびり。カナダ人の友達は大福が大好きなのですが、お餅なだけにすぐ固くなってしまうし、彼女とすぐ会える訳でもないのでお土産はスーパーやコンビニで買う防腐剤か保存料の入った大福になってしまってました。この時は到着してすぐ会えるのが分かっていたので和菓子屋さんで買った大福を買って来きていたので渡したら我慢しきれずその場で食べて大喜びでした。生粋のカナダ人が大福の味の差が分かるかは謎だけど…。買って行った日本人としての私の自己満足か~????

話は尽きないけど、7時からカナックスの試合だったので、翌日のディナーの約束をしてその日は分かれました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

10:36  |  Vancouver
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。