FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

バンクーバー2018:バンクーバーカナックス VS ボストンブルインズ(練習)

2018.05.23 (Wed)

友達が帰った後はカナックスジャージに着替え、しっかり化粧をしてロジャース・アリーナへ。この日の対戦相手は私の部屋のパンチングボールになっている熊公、ボストン・ブルインズですから、気合いが違います。正直言えば、ブルインズ戦には一銭も払いたくありません。ただ、スーパースキルを見られて、私が行ける日程で観戦可能だったのが、運悪くブルインズ戦だっただけです。でも行くなら気合いを入れないとね。

スカイトレインで最寄りのYaletown Round houseからだと乗り換えが必要で、何駅もないのに、乗り換えは面倒なので、パシフィックブルーバードまで歩きバスを利用。バスだとアリーナまでは1本で行けてラクチン。でも、気合いを入れすぎて、早く着きすぎた。

前回は2試合とも友達と一緒でしたが、今回の日程ではどちらの友達とも予定が合わず、試合観戦は完全に一人。続いて人と見ていたのを思うと、一人観戦に慣れているとはいえ、ちょっとさみしい。

ゲートが開くのを待っている際にやたらにブルインズファンが多いのが気になったけど(気に障ったとも言う)それ以上に気になったのはカナックスジャージ着用率の低さと着用されているジャージ選手のバラエティの無さ。あれ~、なんだろう、今までと何かが違う?

中に入り自分の席を確認してから場所を移動し、選手達が練習に出てくるのを待ってました。ガラスにへばりついて待っていると、選手達が出て来た、わ~い。
01VanB2018練習IMG_4082  へばりついていたガラスから見えるゴール

あ!前は練習でもカナックスの選手ベンチ側にある通路から選手が出てきたんだけど、このシーズンから(もしくは先シーズンから?)練習の場合は、ザンボーニが出入りするゴーリーネットの後ろから出るようになってた。もしかして、ベンチ横の通路で待つファンがスタッフの言う事を聞かず、何かをやらかして、入場口の変更でもされたのか?なんて、気になってしまいました。(確認したら練習じゃなくて、試合前の入場する時がザンボ入り口からになってた)

選手ベンチがある側はBoeserを見ようとカナックスファンが、集まってました。お、生Boeser!と感動するものの、私の目はいつも通りEdlerにロックオン!でも後ろに見えるボストン側に群がるブルインズファンの黄色い塊があまりに多すぎてイラつく。
02VanB2018練習IMG_0003  おおお~Brock Boeserが~

03VanB2018練習IMG_0006むかつくBファン  黄色い集団、多すぎ

04VanB2018練習IMG_0008 (2)  黄色い集団、なんとかしてー

ちなみに私が待っていた場所は、選手ベンチ側ではなく、反対のペナルティボックス側で、ゴーリーの斜め後ろのコーナー。ここはEdler が必ずいるスポットです。早くこないかな~とワクワクしていると、目の前にTroy Stecherが。前は同じように真後ろの位置で、Dan Hamhuisの美しい漆黒のまつ毛が見えたのですが、Stecherは、ほんとにヘルメットとジャージの背番号しか見えなかった。キリッとした顔をアップで撮りたかったのに、チッ。
05VanB2018練習IMG_0012  06VanB2018練習IMG_4088

一応これだけはみんなでやる?みたいな練習が一通り終わると、各々好きなように練習し始めますが、ヘンリックとEdler は練習ではなく、チームビルディングと言う名のいちゃいちゃを始めます。そして、一人黙々と練習を続けるダニエルの図。これって何年変わらないんだろう…?
09VanB2018練習IMG_0028  HenrikとEdlerのいちゃいちゃ

11VanB2018練習IMG_0033  一人もくもく、Daniel

10VanB2018練習IMG_0032  ひたすらもくもく、Daniel

少しするとヘンリックとのチームビルディングを終えたEdlerが定位時に。キターーーーと一人で大興奮していると、お隣にいたボストンジャージを着たカップルは私を見て大爆笑。私のジャージの背番号を見て納得した様子だったけど、親指に入れていたネイルの「23」を見せてEdlers好きアピールのダメ押しをすると「そうよね、彼はハンサムだものね~」とカップルの女性に言われ、首が折れるんじゃないかと思う位頷いた私でした。
13VanB2018練習IMG_4098 (2)  待ってました

15VanB2018練習IMG_0054  かっこいい

あ、写真撮ってもらってもいいかな?と頼んだら、「もちろん、ほらほら、早く撮らないと、いなくなっちゃうわよ!」とせかされ急いで写真を撮ってもらいました、わーい。
14VanB2018練習IMG_4094  わーい

感じの良いカップルだったので、ボストンファンの多さが気になっていた私は、今日はボストンファンがすごいけど、あなた達はどこから来たの?ボストン?と聞いたところ、笑いながら「確かに今日はすごい数ね、でも私達はボストンから来た訳じゃないの。ニューファンドランドからきたのよ」との答え。そっか、ニューファンドランド州にはNHLのチームはないし、州人口が50万人ちょっとの州にNHLチームができるとも思えない。だからといってケベックやオンタリオのチームも応援しなそうだし、となると国をまたいでも、地理的に近い周辺アメリカチームや同じ州出身の選手がいるアメリカのチームを応援をするのかな?なんて思ってしまいました。

元々滑りを見るのが好きなので、色んな選手のスケーティングに目がいく分、見たい選手が定まらないから、写真はまともに撮れません。Boちゃん、いつもボケボケ写真でスマン。
16VanB2018練習IMG_0059  17VanB2018練習IMG_0069

18VanB2018練習IMG_0062  20VanB2018練習IMG_0060  

19VanB2018練習IMG_0057  Boちゃん、ボケた写真でスマン

動いてなかったから、ぶれずに撮れたNikolay Goldobin(ニコライ・ゴールドビン)。アップだと頬っぺたがふくふくで、若――――い。
21VanB2018練習IMG_0055  Nikolay Goldobin

色んな選手を見ながらも、結局の所、変わらずEdlerにロックオンのまま。
22VanB2018練習IMG_0031

練習終了~。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

15:47  |  Vancouver Canucks
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。