FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

バンクーバー2018:乗り物の運賃

2018.07.03 (Tue)

自分自身が住んでいないので、家賃が高いと実感することはありませんが、バンクーバーの物価が上がったなと実感する一つにバス・電車代があります。

バスとスカイトレインもトランスリンクという交通システムで、グレイター・バンクーバーと言われるバンクーバーを中心とした多くの市町村がカバーされています。ゾーンが3つに分けられ、日本のように××駅から××駅がいくらではなく、1ゾーンで何ドル、2ゾーンで何ドルという料金体系になっていて一度運賃を払えば、そのゾーン内であれば90分は乗り換えが可能。

以前は改札もなく、もともと無人運転のスカイトレインは無賃乗車が後を絶たなかったようで、2013年から改札口が設置されました。

で、そのバス・スカイトレイン代は年々行く度に上がってるような。私が初めてバンクーバーに行った20数年前は1ゾーンで1ドル50ドルでした。最初はノースバンクーバーに住んでいたので、ノースバンクーバーだと2ゾーンになるので、確か2.25ドルとか、そんなもんだったと思います。ただその値段の適用はラッシュアワー(正確な時間は覚えてないけど、朝と夕方の一番混んでいる時間帯)のみで、週末や平日の暇な時間帯はどのゾーンも1.50だったような…。福祉も比較的充実した国なので、身体に不自由のある人やお年寄り、子供はいつでもどこでも1.50だったので、おーー、さすがカナダって思った記憶がある。(記憶違いだったら、すみません)

そんなカナダも時代の波に飲まれたか(プラス・バンクーバーオリンピックのツケがたまりまくっているからか)どんどん物価が上がり、2018年2月時点では1ゾーンが2ドル85セント。2ゾーンなんて4ドル10セント。高すぎですよ。改札の設置と共に利用されるようになったコンパスカードというバス・電車専用のカードを利用しても1ゾーンが2ドル20セント、2ゾーンでも3ドル25セント。定期券に至っては1ゾーンで93ドル。2ゾーンで126ドル。ありえない高さですよ!!!

東京の地下鉄の初乗り運賃は160円とか170円。バスは210円。京成の立石駅から押上の運賃は160円で1か月の定期代にしても5,000円ちょっとですよ。いくら1ゾーン内で乗り換えし放題でも93ドル(8,000円弱)は高いだろ!!

この運賃、2018年7月1日からまた上がって1ゾーンが2ドル95セントになってます。次にバンクーバーに行く時はいくらになっているんだろうか、恐ろしや。

ただ運賃は上がってるとはいえ、カナダのバスの運ちゃん達のゆるさは変わっていないみたい。

今回も、2ドル85セントを握りしめバスに乗り、現金支払機にお金を入れようとしたところ、支払機が壊れていたようで、入れるところがない。その場でどうしたらいいか途方にくれていると、「いらない」え???いらないって、???「壊れているからいらないよ」マジかー??運ちゃんがいらないって言うならいいか・・と結局払わずしまいでした。

日本だったら「私はちゃんと払ってるのに!!」と文句を言う人がいそうだけど、誰も何も言わないのもゆるすぎる。信号待ちで運転手がピザを買いに行ったり、バスの行き先を平気で「Go Canada Go」にしたり「Go Canucks Go」にしてしまうことに対しても、カナダ人は寛容。フィンランドでもバスの運ちゃんが、運転しながらスマホを利用してたけど、日本だったら大騒ぎだよな~。
02van 乗り物2018  行き先はカナダ?

アクアバスもかなりお高めの料金設定。片道が3ドル50セント、往復だと6ドル。ものの数秒でついてしまうのに、この金額は高いし、帰りは時間はかかるけどバスで帰ろうとグランビル・アイランドに行った時は片道だけチケットを購入。でも結局面倒になって帰りもアクアバスを利用したら、往路と同じお兄ちゃんが料金の徴収をしていたので、「往復を買えばよかったね」テヘっ(ペロはしてません)と笑いながら5ドル渡したら、2ドル50セントのお釣りをくれて、「これで往復料金だろ」って。わーい、嬉しい、ありがとう~。
01van乗り物2018IMG_0623  レインボーのアクアバス

ってやっぱりゆるいよ、カナダ。

確かに無賃乗車はトランスリンクを圧迫したかもしれないが、こういう鷹揚さもトランスリンクを圧迫したのでは??と良い意味で思ってしまいました。思えば何年か前にチケット購入機が壊れていた時も対応適当だったな。運賃はどんどん変わっていくのに、意外にほわーんとした感じは変わらない。

03van乗り物2018  10年位前の懐かしのLuongoバス

そういうところが良いんだけどね、カナダ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

15:55  |  Vancouver
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。