FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

バンクーバー2018:バンクーバーカナックス VS コロラドアバランチ(練習の写真)

2018.07.09 (Mon)

Edler スポットで選手を待っている時にちょっとだけ悲しい思いをして動揺したのか、盛大に落とした携帯が動かなくなるなど、練習の間は少しドキドキしました。

携帯がちゃんと動きだしたので安心して練習を見るのを再開。
07コロラド練習2018IMG_0641  練習~

Everybody’s game用のレインボージャージも可愛いけど、スティックもこれまたレインボーで可愛い。
00コロラド練習2018IMG_0654  レインボースティック

目の前に見慣れないゴーリーがいて、誰かと思ったら、控えのRcichard Bachmanでした。ネットにはボストン戦に続きAnders Nilsson。2年前に見た2試合も両試合共MillerでMarkstromを見られず、中国でも北京戦はNilssonだった。もしかして私にはMarkstromと、ご縁がない??イケメンはEdlerだけで我慢しろってか?
01コロラド練習2018  Rcichard Bachman

02コロラド練習2018IMG_0634  Anders Nilsson

30台も後半に入ったSedinsのまわりの20台前半の若者選手達を見て、この時はこの先どうなるんだろう~までは考えていなかった。この中の誰がカナックスに残ってこれから、コアの選手になっていくのかな?と思った。Goldobin、良い感じだったけど、来シーズンはいるのかな?ロシア選手は辛抱がないから、プレイする機会がないと多くの選手がロシアに戻っちゃいますよね、Nikita Tryamkinしかり・・・。実は数年前にモスクワで見たAndrei Mironovはコロラドでドラフトされていて、2017-2018のシーズンからNHLでプレイし始めていたので、見られたらいいなぁなんてちょっと期待をしてました。ケガやら何やら色々あったのか、知らんけど、結局本国に戻って、NHLキャリアは終わっちゃったようで見られず、残念。プレイする機会がないなら居心地がいい自国でたくさんプレイするほうがいいんでしょうかね。おっと、カナックスと話しがそれてしまった。

03コロラド練習2018IMG_0635  SedinにVirtanen

05コロラド練習2018IMG_0638  Goldobin

06コロラド練習2018IMG_0639  Boちゃん

08コロラド練習2018IMG_0642  Virtanen

10コロラド練習2018IMG_0644  Baertschi

11コロラド練習2018IMG_0667  Boeser

12コロラド練習2018IMG_0668  Boeser

若者の中でゴールという点でチームをひっぱるのは、Boeserだけど、チーム全体をひっぱっていくのはBoだよな。そんな若者達の足を―――、ひっぱっちゃダメだよ、Edler~とほんの少しだけ思ったりも…。
15コロラド練習2018IMG_0681  Bo Canucks Bo

04コロラド練習2018IMG_0637  Edler 

で、そのEdlerは、あいかわらずHenrikといちゃいちゃ。ジェラシーを超える。もう勝手にして!って感じ。
12コロラド練習2018IMG_0671 (2)  いちゃいちゃ

13コロラド練習2018IMG_0670  いちゃいちゃいちゃ

ところで、近くで見ていると、選手やスタッフと目があうことがあります。もちろん、目があったかもー!?って勘違いもありますが。目があった場合の彼らの反応はさまざま。一番多いのは目が合わなかったかのように瞬間で目をそらす。サービス精神がある選手だと微笑んでくれたり、ウインクしてくれます。人と目が合うのを避けているのか、練習に集中したいのか、ひたすら目線が低い選手もいて、Edler は明らかにこの口。

この日私はEdler だけでなく、ボストン戦でもっと写真を撮る!と決めたGudbransonをええ男や~とガン見してました。
16コロラド練習2018IMG_0686  Gudbranson

で、目があったかも~という瞬間が!

Gudbransonは目をそらさず、そのまま見返してきた気がするんです。でも、怖くなって即効私は目をそらしてしまいました。前に用具マネージャーのPat O’Neillと目が合った時は微笑返してくれたやさしい笑顔に照れ臭いながらも、きゃっと微笑み返せたのに…。Pat O'NeillもGudbransonも目力があるけど、Pat O'Neillは穏やかで、セクシーな目力。Gudbransonは鋭い眼光力という意味での目力でした。プラス、あまりにかっこ良いお兄さんを間近で見て、ビビっちゃったのかもな~。私としたことが!!

写真を撮ろうと思いながらもやっぱり生のほうがいいなぁ~と思ったより写真を撮っていなかったし、Gudbransonの良い男写真も撮れてないのでした。既に載せた写真ですが、毛は真っ黒ふさふさだし、このGudbransonはかっこいいと思う。
gudbransonIMG_0497.jpg  いい男だ~

はて、練習と関係ないじゃん方向に・・・・!
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

21:45  |  Vancouver Canucks
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。